※パーツを取付店に直送する際は、必ず事前に取付店の承諾を取ってください。

2022年08月17日

警告灯が点滅し、車が揺れている6つの理由

エンジン警告灯が点滅し、車が揺れている6つの理由

突然、点灯したエンジン警告灯によって自分の車が激しく揺れ始めたことに突然気付くことほど、平均的な運転者に大きなストレスを与える状況はほとんどありません。 

 

この種の状況の後には通常、パニックが続き、高額な修理が必要になると考えられます。

 

幸いなことに、この種の状況は、あなたが思っているほど常に悲惨なものであるとは限りません。

 

実際、この性質の症状を示す可能性のある問題はかなりの数ありますが、そのすべてが信じられているほど壊滅的なものではありません。

 

このような場合、良い結果をもたらす鍵は、冷静さを保ち、車両を苦しめている原因を突き止めることにあります。

 

チェックエンジンライトを伴う車両の揺れのさまざまな原因と、そのような問題が将来発生した場合の対処方法について詳しく説明します。

 

エンジンライトの点滅と点灯を確認してください

一般に、エンジン警告灯には 2 つの異なるタイプがあり、1 つ目は、点灯しているエンジン警告灯です。2 番目のタイプのものは、設定されたペースで繰り返し点滅するものです。

 

ほとんどの場合、これら 2 種類のうち点滅しているエンジン警告灯は、現在進行中のより深刻な問題を示しています。

 

通常、点灯しているエンジン警告灯は、現在アクティブかどうかに関係なく、診断エラー コードが記録され、保存されていることを示します。ほとんどの場合、エンジン警告灯の点滅は、ドライバーに重要な一連のメッセージを伝えることを目的としています。

 

このメッセージは通常、現在の失火が 1 つまたは複数の特定のシリンダーで検出されたという事実を中心にしています。

 

エンジン警告灯が点滅中に車が揺れる原因

ほとんどの場合、顕著な振動を伴うエンジン警告灯の点滅は、シリンダーの失火の確実な兆候です。

 

失火という用語は、エンジンのシリンダーの一部またはそれ以上での燃焼の部分的または完全な損失として最もよく説明できます。上記の症状の根本的な原因として失火を特定することはめったに困難ではありませんが、失火自体の原因を特定することは一般的にはるかに困難です。

 

以下は、シリンダー失火の最も一般的な原因のいくつかです。

 

 

#1 - スパークプラグの不良/損傷/汚れ

エンジンのスパーク プラグは、燃焼を開始するために必要な特定の各シリンダーに必要なスパークを供給する役割を果たします。

 

時間の経過とともに、スパーク プラグが汚れたり、不適切なギャップが発生したりして、不可能ではないにしても、点火が困難になることがあります。これにより、適切なメンテナンスによってのみ修正できる失火が発生します。

 

スパーク プラグの状態をチェックする(そして必要に応じて交換する) ことは、将来の失火を防ぐ上で大いに役立ちます。

 

 

#2 - コイルパック/プラグワイヤ

点火電力は、特定のスパーク プラグ ワイヤ、またはコイル オン プラグ点火システムを備えたエンジンの場合は指定されたコイル パックを介してシリンダーのスパーク プラグに供給されます。

 

時間の経過とともに、エンジンが生成する熱にさらされると、これらのコンポーネントの断熱外装が脆くなり、ひびが入り、着火力が先制的に地面に到達する可能性があります。

 

 

#3 - 損傷した/腐食したディストリビューターキャップまたはイグニッションコイルの不良

アクティブな失火の他に考えられる原因は、エンジンのディストリビューター キャップまたはイグニッション コイルの部分的な故障に関連しています。

 

古いエンジンの多くは、このような装置を利用して、各シリンダーへの火花供給のタイミングを計っていました。

 

残念なことに、ディストリビューター キャップはひび割れや腐食の問題が発生しやすく、コイルはしばしば熱関連の故障を示しました。

 

 

#4 – 燃料供給の問題

エンジン失火のもう 1 つの一般的な原因は、1 つまたは複数の燃料インジェクターの故障です。

 

燃料噴射器は、機械的または電気的に故障する可能性があり、燃料がそれぞれのシリンダーに投与されなくなります。

 

これは、今度は、燃焼のための触媒を残さず、それによってシリンダーの発電力を奪います。

 

これにより、すぐに感じることができる顕著な揺れが生じることがよくあります。

 

 

#5 - 圧縮損失

定期的ではありませんが、失火状態は、1 つまたは複数のシリンダーの圧縮が失われることによって引き起こされる可能性があります。

 

これは、走行距離の多いエンジンや古いヴィンテージのエンジンの場合により一般的です。

 

圧縮損失は、ピストン リングの損傷、ピストンの損傷、またはバルブ関連の問題から発生する可能性があります。

 

ヘッドガスケットの深刻な故障も、突然の圧縮損失を引き起こす可能性があります。

 

 

#6 – 排出ガス制御による失火

エンジンのシリンダーの 1 つまたは複数で定常的に失火が発生する原因として、排気ガス制御装置の欠陥または過小評価が原因となる場合もあります。

 

これは、 EGR バルブが開いた位置で固着している場合に最も頻繁に発生します。

 

これにより、余分な排気ガスをエンジンの吸気口に再循環させて再燃焼させることができます。

 

その結果、酸素飽和レベルが最適レベルを下回り、効率的な燃焼が妨げられます。 

 

このタイプの失火は、さまざまなシリンダーでランダムに発生する可能性が高くなります。これは、過剰な排気ガスがエンジンの各シリンダー間で無差別に再循環されるためです。

 

運転を続けても安全ですか?

車両のエンジン警告灯が現在点滅していて、顕著な揺れを伴う場合は、安全な目的地に到達するために必要以上に運転しないことをお勧めします。

 

前述のように、この性質の症状は、ほとんどの場合、エンジンの失火または 1 つまたは複数のシリンダーの部分的または完全な燃焼損失に関連しています。 

 

これは、その後のパフォーマンスの低下を示すだけでなく、失火自体が修正されない場合、将来発生する可能性のある多くの二次的な問題を予見することがよくあります。

 

そのような例の 1 つは、車の触媒コンバーターの損傷です。この損傷は、一般的にスパークが不足しているため、エンジンの排気ガスに過剰な燃料が導入されるたびに発生する傾向があります。

 

いずれにせよ、車両の失火状態の根本原因を徹底的に診断し、できるだけ早く修理する必要があります。そうすることで、さらなる問題が発生するのを防ぐことができます。その多くは、修理にかなり費用がかかることがわかります.

 

自分で問題を診断して修正することに自信がない場合は、できるだけ早くアクトジャパンの整備士に相談してください。

 

愛車の不具合に対応するアクトジャパン

 我々は不良箇所を交換または修復し、できるだけ早く走れる状態に戻すことが優先事項であり、最善の診断サービスを行うことができます。私たちの整備士は不具合箇所の知識が経験豊富であり、私たちの蓄積された専門知識は、自信を持って道路に戻ることができるように、車両の問題を迅速かつ安全に診断できることを意味します。あなたの信頼とビジネスを獲得することを私達は楽しみにしています。 

 

次の地域のいずれかに住んでいますか?

粕屋町長者原、福岡インターチェンジからすぐのアクトジャパンはあなたにとって非常に便利な愛車のかかりつけ(カードクター)になれるかもしれません。 

  • 粕屋町 
  • 篠栗町 
  • 須恵町
  • 志免町
  • 久山町
  • 東区青葉
  • 東区土井
  • 東区八田
  • 東区蒲田
  • 東区名子
  • 東区みどりが丘 
  •  

私達がお手伝いします。

  創業100年のアクトジャパン、私たちの整備の基本はあなたの車についてヒアリングし、当面の状況と今後予定される所有期間に基づいて、プロの目でメンテナンス計画の優先順位をアドバイスさせて頂きます。これにより、最も現実的で費用効果の高いお薦め整備プランを提案することができます。私たちは愛車のかかりつけ(カードクター)としてオーナーに寄り添った整備を進めて参ります。

 

ご安心ください。

  アクトジャパンなら経験豊富な整備士がお答え致します。現在の症状がご心配なら 直ちに工場(福岡県糟屋郡粕屋町長者原東4-2-5)にお持ち込みください。

 

 自走でお持ち込めない場合も、ご心配なく。ご自分の「任意保険付帯サービス」をご確認下さい。カスタマーセンターへレッカー移動のご依頼だけで、安全に愛車を運んでくれます。