※パーツを取付店に直送する際は、必ず事前に取付店の承諾を取ってください。

2019年03月21日

原因が判明!

 

ホンダPS250

タイヤのバルブが、経年劣化にて、

もげましてパンク修理

 

そこで、以前セルスターターが、なぜか駄目になり、

アッセンブり交換した、原因が判明!

装着されたハンドルの防寒カバーが、常時セルスタータースイッチを押してしまっておりました。

セルスターターは安全装置としてて、ブレーキを握らないと、

セルスターターは回りません。

だから?!

防寒カバーがセルスタータースイッチを押しっぱなしになった状態なので、

走行中にブレーキをかけるたびに、セルモーターが回ってしまう?!

といった状態だったんです。

このままでは、

またまたセルスターター関連が駄目になるところございました。

負の連鎖を断ち切る事にができ、幸いでございました。

http://www.japan-drag.com/